2015年ダイエッターが選んだ食品!

Defini Personal Training GYM

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

2015年もあとわずかですね。

今年流行ったダイエット食品を調べていると面白い記事が!!

ダイエットサイトあすけん(http://www.asken.jp/)において、2015年1〜11月にユーザーが入力した約1億件の食事記録から市販食品のみの記録回数を集計した調査結果。
健康やダイエットを意識している人がどんなものを選んでいるのか、気になる方も多いはずです。

2015年ダイエッターが選んだ市販食品ランキング

1位:フルーツグラノーラ フルグラ(カルビー)

images-1
昨年と同じく、堂々第1位のフルーツグラノーラ。
「フルーツグラノーラ」は食物繊維や鉄などが多く含まれた栄養豊富な食品。「朝食を抜くと逆に太る」という考えが浸透し、手軽ということで、朝食にフルーツグラノーラを適量食べるという人が増えてきています。その中でもカルビーの「フルーツグラノーラ フルグラ」が一番人気。
ただ、グラノーラはシリアルをシロップでコーティングしているため、カロリーは1人前(約50g)で223kcalと少し高め。量は1人前までとし、おいしくても食べ過ぎないことがポイントです。ストイックにダイエットしたい場合は、シロップでコーティングしていない「ミューズリー」や「オールブラン」もおすすめです。

2位:野菜一日これ一本(カゴメ)
こちらも根強い人気の「野菜一日これ一本」。不足しやすい野菜を手軽に補える野菜ジュースは、ダイエッターにも大人気です。甘さ控えめで低カロリーなところが人気のようです。

images-2

ちなみに、「1日分の野菜を使用」と書いていても、1本飲めば1日分の野菜を摂れるということではありません。野菜ジュースに加工する際に、熱に弱いビタミンCや本来野菜に含まれる微量栄養素は失われます。野菜ジュースは野菜料理1~2品程度の代わりと考え、通常の野菜料理も合わせて食べるようにしましょう。

3位:調製豆乳(キッコーマン飲料)
とくに女性に支持を得ている豆乳は、牛乳よりも脂質が少なく、女性ホルモン同様の働きをするイソフラボンが含まれることから、美容目的で愛飲している方も多く見られます。また、鉄・ビタミンEといった女性に必要な栄養素も豊富です。

images

一見、牛乳と豆乳は似ていますが、栄養素的にみるとまったく違う食品。たとえば、牛乳100gには、カルシウムが110mg含まれますが、豆乳にはわずか15mg。逆に鉄は牛乳にはほとんど含まれず、豆乳には、1.2㎎含まれます。
最近では、カフェラテではなく豆乳を牛乳代わりに利用する「ソイラテ」も大人気。貧血や冷えの改善・美容対策には、豆乳を使ったソイラテはおすすめです。

貧血や冷えの改善・美容対策には、豆乳を使ったソイラテはおすすめ

4位:1日分の野菜(伊藤園)
昨年同様、4位にランクイン!野菜ジュースとして2位になるのが「1日分の野菜」です。
果物が入っている野菜ジュースが多い中、「野菜だけを30種類も使っている」という点が支持されている理由のようです。

5位:マルチビタミン 1日1粒 (DHC)
昨年6位だったマルチビタミン(DHC)が、5位にランクアップ。
マルチビタミンは栄養素の不足が気になる人の手軽な解決策として多く選ばれています。マルチビタミン以外では、24位にヘム鉄(DHC)、29位にマルチミネラル(DHC)がランクインしました。

ダイエット中はカロリーだけでなく必要な栄養素を補うことが大切です。食事から栄養を補うことが基本ですが、足りない分はサプリメントを有効活用するのもよいでしょう。

 

Unknown

6位:ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル(大塚製薬)
ネーチャーメイドのマルチビタミンがランクイン。コンビニやドラックストアで手軽に手に入るビタミン剤に人気が集まっています。
バランスのよい食事を心掛け、それでも「最近不足が続いている」「ちょっと疲れが溜まっている」というときには上手に活用しましょう。

7位:サラダチキン(プレーン)(セブンプレミアム)
昨年17位だったサラダチキンが10位に登場。 ジョギングや筋トレをする男性に圧倒的な支持を得ていましたが、今年もその傾向を引き継いでいます。

料理でアレンジしやすいオーソドックスのプレーンが一番人気ですが、サラダチキン(ハーブ)も21位と上位にランクインしました。

番外編

17位:オールブラン オリジナル(日本ケロッグ)
食物繊維が不足しやすい人におすすめなのが、オールブラン。1食分(40g)で食物繊維を12.9gも摂れる優れものです。ですが、そのままでは少し食べづらいため、フルーツグラノーラと混ぜたり、ヨーグルトやフルーツと一緒に食べたりする人が多いようです。ダイエット中に欠かせない食物繊維を増やすサポート食品として、上手に活用できるといいですね。

1食分(40g)で食物繊維を12.9gも摂れる優れもの

20位:ごろっと大豆のグラノーラ(日清シスコ)
根強い人気のグラノーラ。フルーツではなく、大豆をたくさん使ったグラノーラで、ヘルシー志向のダイエッターに人気のようです。昨年の115位から大幅にランクアップ。カルビーの「フルグラ」が人気をけん引して多数のフルーツグラノラが上位にランクインしました。

27位:オーガニックバージンココナッツオイル(むそう商事)
今年のスーパーフードの顔といえば、「ココナッツオイル」。一般的な油より燃えやすいとされる中鎖脂肪酸が主成分であることから”太りにくい油”として話題になりました。ダイエッターの強い味方として、2016年も引き続き支持を得そうです。

57位:金のつぶ 納豆ほね元気(ミツカン
特定保健用食品の納豆で、昨年184位から57位にランクアップ。
この納豆は、ビタミンKが通常の納豆よりも多く、骨強化に特化した商品になります。健康ブームの昨今、発酵食品のチカラが見直されていることもあり、「食べるなら効果を期待できるもの」「発酵食品かつ骨強化(骨粗鬆症対策)できる」という点で選ばれたのかもしれません。

79位:糖質0g麺(紀文食品)
低糖質の食品は、糖質を気にする人や糖質オフダイエットをしている人に根強い人気です。この影響からか、「糖質0g麺」は昨年173位から79位ランクアップ。1パック(180g)のカロリーは30kcal、糖質0(ゼロ)、食物繊維10.6g。糖質オフのニーズは、来年も益々高まりそうな予感です。

いかがでしたでしょうか?
上位は2014年と比較してもあまり変動はありませんでしたが、2015年らしさのある商品もたくさんあり、健康やダイエットを意識して食品選びをしていることが窺える結果となりました。
ダイエット中こそ、必要な栄養を食事からとり入れることはとても重要。話題の商品だけに走るのではなく、健康を考えたうえでカシコイ食品選びをしていきたいですね。

log1
http://defini.jp
Defini Personal Training GYM TEL:092-517-9206

玄太青木
福岡・天神パーソナルトレーニングジム Defini Personal Training GYM
お問い合わせ:092−517−9206 / mail:info@defini.jp / HP:http://defini.jp

Profile・・ 2007年 パーソナルトレーナーとして活動を開始。多くの著名人やアスリートの肉体改造に携わる。• 2011年 幅広い年齢層への顧客満足向上を目指し、フリーランスとして活動しながら知識技術を向上させるためリハビリの世界に身を置く。• 2012年パーソナルトレーニングジムの新規開業をマネージャー兼トレーナーとして年間2 , 4 0 0 人の方とトレーニングを行う。• 2015年DEFINI PERSONAL TRAINING GYMを開業。職歴 ・・ Total Work out / フリーランス(リハビリ) / Top Works-Body / Defini Personal Training GYM