お母様達へ

Defini Personal Training GYM(デェフィニ パーソナルトレーニングジム )

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、曇り空です。気温も若干下がり気味ですね。休校により、運動不足になっている子供達、、可哀想ですが、仕方のない事です。お子様の健康に不安を抱えるお母様方も少なくないはず、、、今のうちに、お母様達が、子供の身体に対する知識を増やしておくことが、自粛緩和した時の、お子様の健康へ繋がって行くのではないかと思います。

 38862457bba5e24fe72914140d4c2047_t

まずは、、、姿勢。

よく言われる話ですが、やはり姿勢は大事です。あー知ってる。という方も少し、長くなりますが、最後まで読んでもらえれば、意識が少しだけ変わるかもしれません。

休校により、遊び場がなく、携帯ゲームやネットなどの利用時間が多く、その間は長時間にわたり下を向いていることが多いです。このような姿勢が猫背につながると言われています。

猫背は身体機能低下やケガ障害につながるとも考えられていますから、猫背である場合は、改善が必要だと思います。まずは背筋を伸ばして骨盤を立てるイメージを作ること。これが運動の基本姿勢になります。

Unknown

ここからが重要です。

人間は地球上で生活する限り重力の影響を受けています。立ったり、座っている、歩いたり、飛び跳ねたりする時にも身体を支える、言い換えると重力に抵抗しながら姿勢を維持しなければなりません。その姿勢を支える筋肉群があるのですが、猫背などによってそれらの筋力や柔軟性が低下します。それによって身体を支えられなくなる、重心のコントロールが苦手になるということが現代の子どもに起きているそうです。「筋肉の中には姿勢を支えたり、重心をコントロールするために必要な身体の状態を感知するセンサーが入っています。運動不足などによる姿勢を支える筋群などの低下は、筋膜に多く存在するセンサー機能の低下にもつながります。重力に抗って姿勢を維持できなくなってくると、それが猫背となって現れます。これは、大人も同じ事が言えます。

猫背になると前かがみ姿勢になるので胸が圧迫されます。これは言い換えると肺も圧迫されることになり、肺をしっかりと膨らませることが難しい姿勢です。酸素を体内に取り込む器官が肺で、それが圧迫されると呼吸が浅くなります。その結果、酸欠になったりしてイライラしたり、疲れやすくなるとも言われています。さらに人間は酸素を利用して活動のエネルギーを作ります。酸素を取り込む量が少なくなったり、その器官がうまく働かないと運動スポーツに必要なエネルギーも不足してしまいます。

まだまだ、お伝えしたい内容がありますが、長くなるので、少しずつ記載したいと思います。お子様の健康を守る為にも、効率の良い身体の動かし方を覚えて、一緒に頑張って見ましょう。ついでに、、、大人も一緒に身体を動かす事で一石二鳥を狙いたいですね。。。

QRL←Defini Instagramでは、ご自宅で出来るトレーニングもご紹介しています。

 

 

logo