ついつい、、、

Defini Personal Training GYM パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、本日も快晴です。5月末、6月とだんだん蒸し暑くなりますよね。この季節は、夏を楽しく迎えるためにはとっても大切な時期になります。知らないうちに体力を奪われて食欲をなくし夏バテへ向かってしまいます。あたりまですが、適度な運動とバランスの良い食事を見直して、夏バテ知らずの身体をつくるために予防をしてみてください。

Unknown

そこで、今回は、ついついぬきやすくなる朝食について‼️

よくお客様から聞かれる質問です。

朝起きるのが苦手で、ダイエットにも良さそうだし朝食はほとんど食べない生活です、でも朝食は食べたほうが良いでしょうか?

もちろん朝食は食べたほうが良いです!

images

その理由は、朝食には3つの大切な働きがあるからです。

3つの働きとは、①集中力を高める、②体温を上昇させて代謝をあげる、③栄養素等の確保、です。

トレーニングをされている方は、1日に消費するエネルギー量が多く、必要な栄養素が一段と多くなります。したがって、3食で摂るべき栄養を2食で摂ろうとすると、必要量が多いため量的にも質的にも無理がかかり、1食でも欠食すると必要な栄養素が不足してしまいます。

また、例えば夕食を食べるのが21時くらいだったとすると、翌朝7時までで10時間くらいの絶食状態となります。すると血糖値が下がっていますので、起床時は1日の中で最もエネルギーレベルが低い状態になっています。そして、そのまま朝食を食べないと、ぼーっとして集中力が散漫になる、イライラする、無力感、疲れる、などの体調不良を引き起こします。

さらに朝食を食べないと、体温が上昇せず文字どおり1日のウォームアップができていない状態になってしまいます。しっかりとした朝食は、その日の活動に備えた大切なウォーミングアップであり、半年後・1年後の成長を左右します。ですから朝食を抜くなんてことは、とんでもないことですよ!ということです。

朝から十分に食べられる良い生活サイクルを身に付けることをオススメ致します。
朝食を摂るのが苦手な人は、ぜひ3つのポイントを実践してみてください!
① 体を目覚めさせるために、朝起きたらまず水などの水分を摂ろう
② 就寝2~3時間前までには食事を済ませ、寝ている間に胃腸を休ませよう
③ 朝、起きたら体を少し動かす。

基本的なことですが、これが大切です。

5月6月、、夏を前に、自身の健康と生活習慣の見直しをする期間にされてみてください。

logo