フレイル

Defini Personal Training GYM(デェフィニ パーソナルトレーニングジム )

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、肌寒さが増してきました。体調管理に努めていきましょう。本日、お客様との会話で、自粛期間などで、外出がへり、その生活習慣が未だにぬけづ、フレイルになりかけており、親御様の健康が心配だ。というお話をお聞きしました。

フレイルとはどういう事を指すのか❔

フレイルとは、わかりやすく言えば「加齢とともに心身の活力が低下した状態」のことで、英語の「Frailty(フレイルティ)」が語源となっています。「Frailty」を辞書で引いてみると「もろさ」や「弱さ」、「はかなさ」とあり、この言葉のもつ少しネガティブなイメージが伝わってきます。一般的には、健康な状態と要介護状態のちょうど中間の段階がフレイルと考えてよいでそうです。

フレイルの場合、早く気付いて適切な対策を行えば、進行を遅くしたり、再び健康な状態に戻したりすることができるということです。健康な状態からフレイル、フレイルから要介護状態への道のりは決して一方通行ではないということをまず認識していきたいですね。

 

フレイルの発症には、体重減少や筋力低下などの身体的な変化だけでなく、気力の低下や閉じこもりなど精神的・社会的な問題が多面的に関わっています。たとえば、人との関わりが減って外出することがおっくうになると、活動量が減って筋力が低下したり、お腹がすかなくなって食欲が低下したりします。筋力が低下すると外出することがより困難になり、筋力や食欲もさらに低下してしまいます。このような悪循環に陥らないことがフレイル予防の第一歩だと言えるそうです。

では、フレイルを予防するためには何に気を付ければよいでしょうか❔

特に大切と考えられている3項目(社会性、栄養、運動)

運動の大切さについては言うまでもありませんが、筋肉を増やし、筋力を高めるためには、掃除や買い物、階段の昇降など、日常生活の中でこまめに体を動かすことが大切と言われてますが、なかなか一人で行うのは難しいものです。どうか、ご家族全体で健康に対して取り組み一緒に元気になっていく方法を見つけ出して頂ければと思います。無理のない範囲での筋トレやウォーキング、ラジオ体操など、ご家族に合った運動の方法を見つける事が大切なように感じます。