ベストパフォーマンス

Defini Personal training GYM(デェフィニ パーソナルトレーニングジム)

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、快晴です。桜は、まだまだ蕾が多い状況ですが、入学式あたりでは丁度綺麗に咲くのかな❔という状況です。

こんな陽気だと、外に出て運動がしたくなります。散歩や外で走る事で得られる効果について調べていると下記のような記事が記載されていました。

publicdomainq-0016032fvq

ビタミンDの働き

ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収と代謝を調節している脂溶性ビタミンであり、骨代謝に関係しているだけではなく、パフォーマンスの向上や怪我の予防にも繋がる研究成果やうつ病を始めとした精神疾患の予防・改善に有効であるということがわかってきています。他の栄養素が入り込めない脳の関所を通り抜けたり、細胞膜を超え私たちの大切なDNAが組みこまれている核に直接作用するなどの働きができる特殊なビタミンだそうです。

ビタミンDの生成

ビタミンDは日光に当たることで皮膚で生成されます。
食事からの摂取では、魚介類(特に鮭や青魚)、卵、きのこ類に豊富です。
年齢とともに皮膚で作られるビタミンDの量は減ってくるということと、加齢によって食事の量が減ってくるとビタミンDの血中濃度は低下しがちになってきます。
血中のビタミンD濃度が高い高齢者の方が筋力が高かった。ビタミンD摂取軍の方が筋肉トレーニングの効果が上がったという報告があるほどです。このようにビタミンDは、体の炎症を抑え、骨を強くし、筋力を保持したり、がんの予防や進行を防ぐことに繋がってくると言われている注目されているビタミンの一つなのです。

との事でした。

 

トレーニングをしていると、ついつい、肉食になりがちですが、やっぱりバランスよく魚も肉も野菜も果物も、それに、無酸素運動だけでなく、有酸素運動も取り入れながら、身体の正しい使い方や感覚を磨き、動きをよくしながら、筋力をつける。

コンディショニングとストレングス両方取り入れて、ベストパフォーマンスを目指したいですね。

logo