健康寿命。

Defini Personal Training GYM (デェフィニ パーソナルトレーニングジム)
福岡天神は、今日も寒くなっております。4月は、福岡マラソンの応募が開始されます。暑くなる前に、少しずつ、身体を動かして夏を乗り切る体力をつけたいですね。今日は、骨粗しょう症について。

寝たきりにならない、健康寿命増進のために

骨粗しょう症とは、骨密度の低下や骨質の悪化によって骨強度が低下したために、骨折しやすい状態になった病態です。
大きくわけると、原発性骨粗しょう症(おもに加齢や生活習慣によるもの)と続発性骨粗しょう症(代謝を亢進するなんらかのホルモン異常や薬剤の影響によるもの)に分類されるそうです。

e75ebc13426fc94ad9c64cb0a8e8ab70_t

成長期に増加した骨量は、成人した20代で最大量に達する

その最大骨量である若年成人の平均値を100として、その80%以下の骨密度を骨量減少、70%以下を骨粗しょう症と定義しています。
女性の場合、その多くは閉経後の女性ホルモンが激減した時期に骨量が著しく低下するため、閉経後の骨密度検査は必ず行うべきであると記載を見たことがあります。

骨強度の低下を予防・改善して、骨折を防ぐことは、寝たきりにならない・増やさないために意義があり、高齢女性のQOLを保つため、健康寿命を延ばすために重要ですね。

d75d6c4fe647541197a05ff0aaca6048_t

骨粗しょう症を治療&予防するには…

骨粗しょう症と診断された場合は、薬物治療を開始するそうです。
現在の主流は、ビスフォスホネート(ビスフォン酸薬)とSERM(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)ですが、薬剤の選択方法は現在のところまだ明確な基準がありません。
骨密度の程度や既存骨折の有無、年齢や栄養状態、骨代謝マーカーなどをみて総合的に判断し、医師と相談しながら自分に最も適したものを選択することになるそうです。

バランスのとれた食事や運動による日常ケアも重要です。

また、カルシウムの摂取量が明らかに少ない場合には、食事指導があり、ビタミンD欠乏が考えられる場合も食事やサプリメント、ビタミンD剤で補うそうです。身体に対する縦の刺激を入れると骨密度が上がるとも言われています。日頃から、運動と栄養のバランスを考えて、出来ることからコツコツと健康を維持して行きたいですね。

logo-2

玄太青木
from defini staff

私達は、いつも、目の前にいる方との時間を大切にしています。 例えば、トレーニングを始めたお客様が目的を達成し、トレーニングを通して健康になって頂 けたとしたら、充実した時間(人生)を実感して頂けると考えています。 個々の健康意識が高まる事で、運動の素晴らしさや重要性を大切な方へ話をしたくなると 思います。 そうする事で、健康のスパイラルが広がり、将来、子供たちの世代が運動に興味をもったり、 それを聞いたお父様お母様 祖父母の方々が運動に興味を持ち、公園に出かけてウォーキングをしたり、ご自宅でスクワ ットの話になったりと、フィットネスが日常に浸透するのではないかとも考えます。

個人の健康が、大切な方の健康をうみ、家族の健康をうみ、仲間の健康をうみ、地域の健 康をうみ、社会の健康をうむ。 そんな未来を想像しながら、今、目の前にいるお客様を全力でサポートさせて頂く事が、私 達の使命だと想い日々挑戦しております。