夏バテ

Defini Personal Training GYM パーソナルトレーナーの青木玄太です。

今日の福岡天神、夜は、秋っぽい空気が流れています。 夏の疲れもそろそろ出てくることだと思います。事前に、食事、睡眠、運動を気にかけて体調を整えていきましょう。

entry09-200x180

今回は、食事について。

疲労を感じる時に、スタミナがつきそうなボリュームのある食事が有効とは限りません。
体調や疲労のタイプによって効果のあるものを選びたいですね。
身体の代謝を良くするには、エネルギー源となる糖質・タンパク質とともに、エネルギーを作り出す回路を動かすために必要なビタミン・ミネラルが必要です。身体の調子を整えるための栄養素・食事を取り入れてみましょう。

疲労全体をカバーする栄養素

疲労からの回復・また早めに取り除くためには以下の栄養素を含む食材を積極的に取り入れてみましょう。

■ビタミンB1
糖質からのエネルギー生成。
■ビタミンB2
タンパク質・脂質・糖質の代謝。乳酸などの疲労原因物質を取り除くのに必要。
■カルシウム
筋肉のスムーズな動きを助ける。精神的な疲労・ストレスを緩和。*
■鉄
体内に酸素を運び、疲れやすさを取り除く。

91e5d5ee0c0aae5185f9bdac6bad5fe7-200x180

筋肉疲労・肉体疲労

■ビタミンB1+アリシン
おすすめ食材:豚肉・うなぎ・豆腐・ネギ・ニンニクなど

新陳代謝をスムーズにするために糖質の利用効率が高まるビタミンB1を含む豚肉・ウナギ・豆腐などをとりましょう。ビタミンBはアリシンと同時にとるとさらに疲労回復効果が高まります。

yjimage

 

慢性疲労・精神疲労

■ベータカロテン・ビタミンC・ビタミンE
おすすめ食材:緑黄色野菜・果物(柑橘類)・酢・梅干しなど

疲労が蓄積した状態の身体は、活性酸素の増加・免疫力の低下を招きます。活性酸素・疲労物質(乳酸)を除去する食べ物を積極的に摂りましょう。色鮮やかな野菜・果物は抗酸化作用を持ち、ビタミンCも豊富です。鉄の吸収率を上げるためにも欠かせません。ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類や魚介類に多く含まれており、活性酸素を除去する抗酸化作用を持っています。果物や野菜と組み合わせて摂ることで効果がさらにアップします。柑橘類・酢・梅干しなどに含まれるクエン酸は、疲労軽減効果が知られています。身体に吸収されにくいとされるカルシウム等のミネラルを体内に吸収しやすくする働き(キレート作用)もあります。

logo