心と身体が元気でいるために。

Defini Personal Training GYM(デェフィニ パーソナルトレーニングジム )

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

本日の福岡天神は晴れ。とっても気持ちが良い気候でした。一方で、季節の変わり目なので、身体の不調を覚える方も多いと思います。そんな時は、やっぱり運動です。私も、フリーで活動しているピラティスの先生にお願いしてレッスンを受講しました。最近は、背中の張りを感じて呼吸がしにくいなーと感じる事もあったのですが、レッスン後は、頭の重さも取れ、背中の張りも改善していました。それだけでなく、運動すると体に良いことはもちろん、精神的にも良い影響があると証明されていますが、その点も感じる事が出来ました。先生に感謝です。さて、今日は運動と心についてです。

 

増えているストレス疾患

ストレス社会と呼ばれる現代で、抑うつや生活習慣病など、ストレス疾患は増加傾向にあります。
また、車や電車で移動するなど社会が便利になるほど、日常生活の中で運動する機会が減り、慢性的な運動不足になりがちです。世界保健機関(WHO)の統計によると、日本人の3人に1人が運動不足状態にあるとされています。それと比例するかのように、抑うつや生活習慣病、睡眠障害は年々増えています。そこで運動をするとどうなるか?
全身の血液循環が良くなり、精神的にもさっぱりした気分になるのです!これを感じた方は多くいると思います。

心の健康維持〜運動の精神的な効果〜

運動後に幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が上昇することがしられています。セロトニン不足は、うつ、睡眠障害などの原因になることが有名ですよね。また、運動中はストレスを感じると増えるホルモンである「コルチゾール」も減少します。
過剰なストレスを受け続けると、コルチゾールの分泌が慢性的に高くなり、うつ、睡眠障害、生活習慣病などのストレス関連疾患の一因となることが分かっています。つまり、運動することで感情や気分のコントロールを司る「セロトニン」が分泌され、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が減少します。運動は体だけでなく、心にも良い影響があるという事ですね。

昨今、情勢が安定しない中で、心も身体も健康を保つ事はマストだと思います。自分のペースで少しずつ挑戦してみましょう。