減塩。

Defini Personal Training GYM (デェフィニ パーソナルトレーニングジム)

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、快晴です。秋らしい気候になってきました。Definiのお客様も秋になり、冬に備えて減量モードに突入している方が多数いらっしゃいます。そこで、色々と調べているうちに減塩について気になったので記載したいと思います。

edd0193e81ad763b2f6e83644d00adfa_t

日本人にとって「減塩」はなかなか実行できない大きな課題。

日本人の高血圧の患者数は4千万人といわれており、成人の4割は高血圧、まさに国民病といえます。

血圧は食塩摂取量と密接に関係していて、食塩摂取量を減らすことで、血圧を下げる効果が期待できます。

「日本人の食事摂取基準」(厚生労働省)では1日の食塩摂取目標量は成人男性9.0g未満、成人女性7.5g未満です。

しかし実際の平均摂取量は男性11.4g、女性9.6gと目標を2g以上、上回っています。

高血圧の人は、食塩を1日6g未満に制限することによって、血圧をコントロールしやすくなります。

 

38c80c991b9ae168c19f9782b48a07b0_t

毎日の食事の中で、少し意識するだけでも、食塩を減らすことはできる❔

例えば、ソーセージ、ベーコンのような肉の加工品や、はんぺん、薩摩揚げなど魚の練り製品は、食塩が多い食品です。

生の肉類や魚介類を利用すると減塩がしやすいです。冬は血圧が上がりやすく、脳卒中も多くなる季節です。

色々と調べていると減塩のコツなど調べる事ができます。是非、食材を購入する際や、外食の際に、食事のバランスと共に減塩にも目を向けていくと良いのかなと思います。ご家庭でも少しずつ減塩の工夫をして、高血圧の予防やコントロールに努めたいですね。

logo-2