肋間神経痛

Defini Personal Training GYM (デェフィニ パーソナルトレーニングジム)

福岡天神は、運動したくなる気候になっておりますが、天気予報では、西日本が冷え込むと言っていました。身体がかたまらないように出来る時にストレッチをして軽い運動をしていきましょう。今日は、知人から、肋骨周辺に痛みがあるとお聞きしたので調べて見ました。

 

寒い時期に多い病気である神経痛について

そもそも神経痛は特定の末梢神経の領域に起こる痛みの総称のことであり,起こる原因はさまざまであり,原因不明の突発性のものから器質的な原因によるものとして腫瘍,動脈瘤,ヘルニアなどによる圧迫,外傷,帯状疱疹のような感染症,多発性硬化症のような神経疾患などによるものがるそうです。

その痛みの特徴は,針で刺されるような,あるいは焼け付くようななどと表現される強くて激しい痛みが突発的に起こります.発作的なものであり,持続時間は数秒から数分と短いことが多いようです.またその痛む場所は障害されている末梢神経によって支配されている特定の部位に限局しており,押さえたり触ったりすると痛みを誘発する圧痛点と呼ばれる部位を有することも特徴の1つとの事。

lgf01a201404250700

 

 

肋間神経痛について

これは勿論,肋間神経の障害によって起こる神経痛でありますが,肋間神経は左右合わせて12対あり,それぞれ脊髄から末梢神経となって背骨(胸椎)と背骨の隙間を出て背中から胸に向かって肋骨の裏側を肋骨に沿ってぐるりと走りながら,時々,皮膚の表面へと顔を出して胸壁や腹壁の皮膚の感覚を支配しています。この神経の障害による神経痛の痛みは,この神経が皮膚に出てくる部分を押さえることにより誘発され,また痛みは帯状に伝わります.

原因としては,不自然な姿勢を取ったり,運動不足や疲労などにより神経が骨や筋肉に締め付けられて突然起こる突発性のものや,有名な帯状疱疹によるもの,胸椎のヘルニアや圧迫骨折による神経への圧迫などでも起こるそうです。

Unknown-1

寒い時期に、無理な姿勢をしたり、ストレッチをせずに動き出すと、筋肉だけでなく、神経痛にもなりうるので気をつけていきましょう。調べてた本には、治療には何か基礎的な物があるかどうかを調べてその治療を行う必要がありますので専門医にぜひご相談下さいと記載しておりました。

運動と休養と栄養、基本的な部分をしっかり行って、痛みが出て治らない時は、早めに医療機関にいき対策をねって対応し、また、元気になって運動を楽しんでもらえたらと思います。

logo

玄太青木
from defini staff

私達は、いつも、目の前にいる方との時間を大切にしています。 例えば、トレーニングを始めたお客様が目的を達成し、トレーニングを通して健康になって頂 けたとしたら、充実した時間(人生)を実感して頂けると考えています。 個々の健康意識が高まる事で、運動の素晴らしさや重要性を大切な方へ話をしたくなると 思います。 そうする事で、健康のスパイラルが広がり、将来、子供たちの世代が運動に興味をもったり、 それを聞いたお父様お母様 祖父母の方々が運動に興味を持ち、公園に出かけてウォーキングをしたり、ご自宅でスクワ ットの話になったりと、フィットネスが日常に浸透するのではないかとも考えます。

個人の健康が、大切な方の健康をうみ、家族の健康をうみ、仲間の健康をうみ、地域の健 康をうみ、社会の健康をうむ。 そんな未来を想像しながら、今、目の前にいるお客様を全力でサポートさせて頂く事が、私 達の使命だと想い日々挑戦しております。