腰痛

Defini personal Training GYM パーソナルトレーナーの青木玄太です。

今日の福岡天神は、晴れ。とても動きやすい気候でしたが、暑い夏が終わり、涼しくなると、脱水症状や腰痛、ギックリ腰が増えるので、皆様もお気をつけ下さい。そこで、今回は、腰痛について少し記載したいと思います。

3d_specimen2

柔軟性と筋力

腰痛の原因は様々あると思いますが、今回は筋肉バランスから考えてみます。筋肉の状態は、柔軟性と筋力の状態によって判断します、バランスとは身体の左右と前後の比較のことです。

「筋力」とは筋肉が縮む力のことで、瞬間的に縮むだけでなく、長い時間身体を支えるために筋持久力も必要になります。「柔軟性」は筋肉の伸びやすさで、関節の動く範囲の事です。

柔軟性が低いと姿勢が悪くなり、腰椎に負担がかかりますが、力が柔らかすぎても身体を支えられないため適度な力が必要になります。ただ、筋力強化で動作を行えば良いのではなく、感覚的に伸び縮みをを意識することも大切です。

Active Senior Male Stretching

腰痛を改善

腰痛を改善するためにバランスを整えるためには、硬い筋肉を伸ばし、弱い筋肉を強化することが必要です。そのために行うことが、「ストレッチ」と「筋強化」です。ストレッチでは課題となる硬い筋肉を見つけだし伸ばすことが大切です。ストレッチのポイントとしては、身体が温まっているときに行う、息を止めない、無理に伸ばさない、筋肉の伸びる感じを意識して30秒伸ばすということです。ただし、痛みが出るようであれば中止します。

images-1

筋力強化

ポイントですが、筋肉の状態にあった負荷や強度を設定して行います。強い負荷をかけすぎると痛みが出やすくなってしまいます。腰痛の人は、軽い負荷・低強度から徐々にステップアップしましょう。実際に筋バランスの改善の為に、硬くて弱い筋肉には筋強化して、ストレッチと筋強化を交互におこなう方法など、身体の左右と前後組み合わせて行う方法など少しずつ行いバランスの改善をしていくと良いかと思います。皆さんも試してみて下さい。

logo-2

 

 

aokigenta
from defini staff

私達は、いつも、目の前にいる方との時間を大切にしています。 例えば、トレーニングを始めたお客様が目的を達成し、トレーニングを通して健康になって頂 けたとしたら、充実した時間(人生)を実感して頂けると考えています。 個々の健康意識が高まる事で、運動の素晴らしさや重要性を大切な方へ話をしたくなると 思います。 そうする事で、健康のスパイラルが広がり、将来、子供たちの世代が運動に興味をもったり、 それを聞いたお父様お母様 祖父母の方々が運動に興味を持ち、公園に出かけてウォーキングをしたり、ご自宅でスクワ ットの話になったりと、フィットネスが日常に浸透するのではないかとも考えます。

個人の健康が、大切な方の健康をうみ、家族の健康をうみ、仲間の健康をうみ、地域の健 康をうみ、社会の健康をうむ。 そんな未来を想像しながら、今、目の前にいるお客様を全力でサポートさせて頂く事が、私 達の使命だと想い日々挑戦しております。