自律神経、今年の夏が、、、、

Defini Personal Training GYM(デェフィニ パーソナルトレーニングジム )

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、曇り。日中は、暖かく、朝晩は、寒い。最近は、このような気候が続いていますね。

こんな時は、なんだか、身体が重たいなーと感じる事も多くなります。

でも、それが、なぜなのか❔を知っていく事も大切かと思います。今日は、寒暖差疲労について記載します。

自律神経が乱れることで不調に繋がるメカニズム

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、それぞれの臓器に働きかけます。いわばアクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)の関係です。この2つは臓器にとって異なる作用であることから、その都度働きを切り替えないといけませんが、本来は徐々に切り替えていくものです。しかしそれが1日の中で急激に、それも何度もアクセルとブレーキをかけると、臓器に多大な負担をかけてしまうため、それぞれの臓器に関係した様々な不調が現れることになるそうです。

・ 寒暖差疲労の主な体の不調

・ 肩こり、腰痛、頭痛 ・ めまい、不眠 ・ 食欲不振、便秘、下痢 ・ イライラ、気分の変化 ・ 冷え、むくみ

自律神経と寒暖差疲労

寒暖差疲労が起こる原因は、原理的には身体に短時間で寒暖差が生じることで起こるそうです。しかし、その背景には寒暖差に慣れていない、汗をかいたりしていないような場合や、ストレスが強い状態、さらには生活習慣が乱れている場合に自律神経が特に働きにくく、寒暖差疲労が起こりやすいと考えられます。

自律神経は、夏の間に汗をかくことで鍛えられますが、昨年、自粛生活が重なり、テレワークも多かったので、年間でみると運動不足、外に出て汗をかく期間も少ない事が予想されます。つまり、自律神経を十分に鍛えられていない可能背が高いです。自律神経のトレーニングができていない今年は、朝晩と日中の気温差や、室内と屋外の寒暖差を調整する能力が備わっていない可能性が高く、寒暖差疲労が起こりやすい状態だと考えられます。

また、暑くなるのも早いように感じるので、今の内に汗をかく運動を行い、体温調節や自立神経を整えられるようにしておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

共に想いを実現する、新しい仲間を募集してい ます。

※募集対象
理学療法士、柔道整復師、ピラティスインストラクター、パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー

経歴、学歴、性別、年齢、国籍などは問いません。

ご興味のある方は下記いずれかのリンク、電話番号までお問い合わせください。

TEL:092-517-9206
MAIL: info@defini.jp
公式LINE:お問い合わせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー