運動と疲労

Defini Personal Training GYM パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神の近くの舞鶴公園では、オクートーバーフェスが開催されるようです、夏のイベントも終わり、秋のイベントが始まっていますね。でも、そろそろ、なんとなくだるいなという感じで、夏の疲労が出ている方も多いのではないでしょうか❔そこで、今回は運動と疲労についてです。

unknown

運動と疲労

疲労という言葉の意味は、「病気以外の原因によって作業能力が一過性に低下した状態」と、医学用語辞典には記されているそうです。これをスポーツで考えてみると疲労とは、「激しい運動によって疲労感を伴い、競技パフォーマンスが低下した状態」といえます。ある程度の運動で身体が疲労するのは当然ですが、その後の十分な休養,栄養をとることによって競技パフォーマンスは回復し、以前より高いレベルに達します。しかし、運動強度や頻度,時間が過剰に多くなってくると、各要素のバランスが保てなくなり、競技パフォーマンスは低下していきます。競技能力を高い状態で保つには、これらのバランスには日頃から十分に注意し、疲労によるパフォーマンスの低下を防がなくてはなりません。疲労することは、運動した結果として当然のことです。大切なことは疲労を蓄積させないことであり、その原因を把握して対処することにあります。スポーツ疲労の定義づけは難しいものがありますが、今回は疲労とその対処方法についてです。

疲れる理由

一般の健康維持,増進及びスポーツ選手の競技能力向上には、運動・休養・栄養のバランスが重要になります。簡単に説明すると、これらの要素に偏りが発生した場合に、何らかの問題が発生してくるのです。一般に多くみられるのが、栄養過多で運動量が極端に少ないことで引き起これる生活習慣病などで、スポーツ選手にはトレーニングと休養のバランスが合わないことで引き起こされる、オーバートレーニング症候群です。どちらとも各要素のバランスが崩れることが要因であり、どれが多くても少なくても問題が発生します。

スポーツ選手の場合、これらの各要素が高いレベルで保てれば良好なコンディションが維持できます。しかし、スポーツ選手は日頃から過剰なトレーニングを行っていることが多く、それに見合った休養や栄養がとられていないのが現状です。スポーツ疲労というと、単に練習のやり過ぎというイメージがありますが、それよりも練習に見合った栄養や休養をとれていないことが主な原因といえます。

lgf01a201302051300

疲労のメカニズム

一言で疲労といっても、その原因はいくつかの理由が考えられます。疲労とは、三要素である運動・休養・栄養がバランスを崩すことによって引き起こされますが、どの要素がバランスを崩したかによっても疲労の種類が異なってきます。練習量が多すぎて栄養や休養をいくら積極的にとっても、バランスが保てなくて疲労してしまう場合、これは純粋にオーバートレーニングです。休養が不足している場合に引き起こされる疲労は、トレーニング量は適切であっても疲労物質の蓄積によって発生します。栄養の不足した状態では、そもそもの筋活動を行うエネルギーが十分でないために、運動を続けることに疲労を感じてしまいます。また、水分不足も疲労の原因になることを忘れてはいけません。水分は体温を調節するという重要な役割を担っていますので、十分に注意するようにしましょう。各要素のバランスに注意するようにして下さい。

logo