運動

Defini Personal Training GYM

パーソナルトレーナーの青木玄太です。

本日の福岡天神は、曇り。若干、冷えを感じますが、そろそろ桜の季節。最近は、深刻なニュースが多いので、開花宣言と共に少しでも状況が良くなることを願うばかりです。

0c1e6dcd09adfb5394ac6a6df91dfe65_t

先日BLOGにもあげた、、、

コロナウィルスの影響で外出の制限により運動不足を感じている方が増えてきているようです。今朝のニュースでは、自宅用のフィットネス用品の売り上げが伸びているとの事でした。他にも、サッカー選手が自宅で出来るトレーニング法をInstagramでアップして、そのトレーニングが出来たら試合に招待するなど、、影響力のある方が、自宅でのトレーニングを推進してくださると健康被害も少なくなりそうで嬉しくなります。

8e3e6aed8f1804beec51d9e7731d4f6e_t

では、なぜ運動をしなくてはいけないのでしょうか❔

理由は、たくさんありますが、例えば、、、、

1.生活習慣病の予防
食べ物から摂取したエネルギーと運動により消費したエネルギーがバランスよく保たれていることが健康の為に良い状態です。しかし食べる量は変わらず、運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪としてからだに蓄えていきます。この状態が幾度となく繰り返されると、脂肪が必要以上に蓄積し、肥満となります。そして肥満が原因となって糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

2.筋力やからだ機能の維持
体調を崩し1週間ほど寝込んでいた後は、疲れやすかったり、普段のように動けないなど、体力や筋力、持久力などが衰えていると感じたことがあるかと思います。人間は持っている機能を使わないと驚くようなスピードでその機能は低下していきます。

たとえば「歩く」という動作。簡単に行っているようですが、歩くときには大腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、大腿二頭筋、前頸骨筋、下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋など)といった多くの脚の筋肉を使って、1歩、また1歩と歩きます。さらにお尻や腰、背中、腕の筋肉も使用しています。つまり全身の筋肉を使ってはじめて「歩く」ことができるのです。また重心を移動させて前に進むためにはバランス能力、さらには長い時間動くことができる心肺機能も必要となります。これを考えただけでも、運動をする事で、脳からの神経伝達や筋力維持が大切なことは明確です。

 

少しでも良いので、今出来ることを自分のペースで行いコンディショニングを整えていきましょう。

logo