お尻の痛み。

Defini Personal Training GYM パーソナルトレーナーの青木玄太です。

ゴールデンウィークも終盤ですが、福岡天神では、まだまだ活気があり楽しそうに休日を過ごされている方がいます。近くの大濠公園も家族連れでにぎわったいました。

mindfulness-athlete-e1446703840833

今日は、お尻の痛みについて‼️

 

 

梨状筋症候群って何❔

【梨状筋症候群とは】

坐骨神経は腰から出で骨盤から足先へ行く際に骨盤の出口に存在する梨状筋と言う筋肉や腱によって圧迫されて痛みを生じます。この梨状筋が原因で起こる症状の事を梨状筋症候群と言うそうです。

ランニングなどのトレーニング中、坐骨神経痛が出現し、特に股関節を内旋するとお尻が痛む方がいますよね。※股関節の内旋とは立った状態で膝を内側に向ける運動の事です。股関節の動きの中で内旋は小さい動きになります。逆の動きは外旋といいます。

股関節を内旋すると痛む場合は逆の外旋筋群が、その下にある坐骨神経が圧迫されている可能性があります。 この時の外旋筋が梨状筋というわけです。

(梨状筋が外旋筋の中の一つです)

梨状筋/坐骨神経

615bc061fd67fa3d3eaa49509ebfead4-300x274

※右の臀部を斜め後ろから見た図です

青のが梨状筋

黄が坐骨神経

梨状筋の上の方にも黄色の線が見えるかと思いますが、これも神経になります。

坐骨神経と比べると、坐骨神経の太さがはっきりと確認できますね。

ちなみに坐骨神経は体の中で一番太い神経になるそうです。(末梢神経)

 

梨状筋の過緊張などが原因で坐骨神経が圧迫される為に生じる事が多い❔

外傷(打撲や梨状筋)により生じる事もなくはないが、梨状筋は大殿筋という大きな筋肉に包まれているため、直接損傷するのは稀といえるみたいです。また長時間硬いところに座っていると徐々に梨状筋が圧迫を受け症状が出ることがあります。過去の怪我によりかばって歩行や運動をしてると梨状筋が緊張してくることも多々有ることです。

もちろん不良状態・不良姿勢での使いすぎはあるでしょうが、個人的には梨状筋の走行の問題が強いのではと思います。人により梨状筋が緊張しやすく、坐骨神経が圧迫されやすいということなのかと思います。

 

Female stretching

Freiberg test(フレイバーグテスト)

背臥位(上向き)で徒手的に股関節屈曲位での内旋を強制すると、梨状筋が緊張して疼痛が増強する誘発テストです。

また背臥位で患者を寝た時に、足は外旋位(外向き)の傾向が見られます。 これは梨状筋あるいはその他の股関節外旋筋群の緊張・短縮が原因です。

基本的にはストレッチや温熱療法など筋肉の緊張を取る事が大切。

そもそもが筋肉の緊張が原因であれば、その緊張をとるエクササイズなりをやらないと再発してしまうかと思います。本当に一過性のものであれば別として、、、もちろん症状がでる態勢は避けた方がいいですね。また炎症が強い際は無理に強いマッサージやストレッチはかえって症状を悪化する場合があるので注意が必要です。ステップテストで股関節が過度に内旋・外旋していないか確認することも、必要だと思います。

ストレッチなどで梨状筋自体にアプローチをすることも大事ですが、梨状筋が緊張・柔軟性不足になる原因を探ってスポーツであればフォームの修正を行い、私生活であれば原因であろう事を行い、将来的にも痛みが出にくくする身体にするのがベストだと思います。

logo-2