睡眠不足が引き起こす肥満のメカニズム。

Defini Personal Training GYM パーソナルトレーナーの青木玄太です。

福岡天神は、今日も晴天です。知人の野外イベントへ空き時間に行ってきました。皆さん、眠い目をこすりながら一生懸命されており、こちらもモチベーションが上がり、挑戦している人は、かっこいいなと思いました。

images

そこで、忙しいとついついおろそかになってしまう睡眠についてです。

睡眠不足が引き起こす肥満のメカニズム 。

睡眠時間が体重とどのような関係にあるのか。。。

アメリカのコロンビア大学が約2万人を調査したそうです。その結果、4時間以下の睡眠しか取らない人は7時間以上の十分な睡眠を取っている人に比べ73%も肥満になりやすいということが発表されています。
5時間では、50%、6時間では、23%と、睡眠時間と肥満の関係が明確になりました。

images
★食欲に直接関係ある『レプチン』と『グレリン』

食事は通常、満腹感を感じると食べることを止めます。この満腹感を感じるには、脂肪組織から作られる『レプチン』というホルモンが脳の満腹中枢を刺激する必要があります。反対に、『グレリン』という胃から作られるホルモンは食欲を増進させる働きをすることが分かっています。
アメリカのスタンフォード大学とシカゴ大学をはじめ複数の研究機関で行われた実験によりこの食欲に関係する2つのホルモンは睡眠と密接な関係がある事も分かりました。睡眠不足になると食欲を抑える働きのあるレプチンは減少します。同時に、食欲を増すグレリンが増える事が実験で証明されています。
さらに詳しく調べたシカゴ大学の研究結果によると、グレリンが増加するとフライドポテトやハンバーガーのような高カロリーの食事を好む傾向が顕著に現れました。つまり『寝不足になっただけで食欲が活発になりすぐに止めることができずに、食事の量が増え脂肪や炭水化物の多い太りやすい食事を欲する』ということがハッキリと分かりました。

o0450027513577480353

★肥満体質を改善するには

まずは十分な睡眠を取る事から始めることが大切です。食欲をコントロールする『グレリン』と『レプチン』のホルモンは2日間連続して10時間以上の睡眠を取る事で正常値に戻る事が分かっています。普段1日に10時間ねることができない人は19時までに運動をして適度な疲労が長時間の睡眠につながります。また、寝る4時間から5時間前は食事を終わらせることが大切です。低でも寝る1時間前にはスマホ、タブレット、テレビ、パソコンなどのスクリーンは止めることです。寝る前に洗面所の明るい蛍光灯の下で歯磨きをすると、体内時計である松果体が強力な光で刺激されて睡眠を妨げます。寝る前のお風呂も脳を刺激して睡眠を妨げることがあります。

★毎日6時間以下の睡眠を続けていると・・・

 

睡眠不足で崩れるホルモンは食欲に関係する物だけではなく、体の免疫力が低下する事もよく知られています。平均睡眠時間が6時間以下の場合判断力と集中力は極端に低下しています。
私自身も忙しくなると寝る間を削ってしまっていました。しかし、そうするとやはり次の日に日中眠く感じたり、集中力がなかったり…確かに、ダイエットのカウンセリング時にも睡眠不足で悩まれている方も多くいらっしゃいます。

ダイエットと睡眠はとても密接に関わっていることが少しでも理解していただけたらうれしいです。

logo