BLOG カラダの豆知識

パーソナルトレーニングってなに❔

パーソナルトレーニング
パーソナルトレーニング

もうすぐ6月ですね。みなさん運動はされていますか❔これから蒸し暑くなり時期に身体を動かしておくと、発汗がうまくいき、夏場の暑さにも上手く体温調節が行くようになります。夏の暑さが苦手だなーと思っている方は、今のうちからコツコツと汗をかいていきましょう。

さて、福岡天神あたりでは、パーソナルトレーニングジムや、ピラティススタジオなど多くの運動施設が急増しています。運動をされる方や、運動を仕事とする方が多くなっており、健康社会へと少しずつ向かっているようで嬉しく思います。この流れにのって、運動が苦手だった方も一歩踏み出して見てはいかがでしょうか❔思っている以上の爽快感が得られると思います。

ところで、パーソナルトレーナーや、パーソナルトレーニングジム ってどんなイメージをお持ちですか❔最近では、コンディショニングジムといった括りのジムを多くなって来ています。今回は、Defini Pesonal Training GYMが考えるパーソナルトレーナーやパーソナルトレーニングジム について記載して行きたいと思います。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジム
まずはじめに、パーソナルトレーニングジム には、パーソナルトレーナーが在籍しているジムの事を指します。Defini Personal Training GYMにも、パーソナルトレーナーが在籍をしています。

では、パーソナルトレーナーとはどのようなトレーナーの事を指すのでしょうか❔ネットの情報などを見ていると様々な見解が記載されておりますが集約して考えてみて、パーソナルトレーナーとは❔という事を記載したいと思います。

◉パーソナルトレーナー
意味を考えてみると、個人的な(パーソナル)、トレーナー(指導者や調整する)などの意味合いが強くなると思います。
または、専属のトレーナーといったほうがわかりやすいかもしれません。

つまり、ウェイトトレーニングをお伝えするのがパーソナルトレーナーという訳ではなく、あなた様個人の目的や目標に向けて、その担当している専属のパーソナルトレーナーの今持っている最新の知識や経験、技術を駆使して、一緒に目標を目指し、時にはコーチングを行う役目を任せて頂いているのがパーソナルトレーナーという事です。

では、パーソナルトレーニングジム とは❔
上記の考えでいくならば、個人的な専属のジム(チーム)ということになります。あなた様が、成し遂げたい夢や目標をかなえるために、必要なツールやメニュー、環境が整っている場所をパーソナルトレーニングジム と捉えて間違いないと思います。

プライベートジム=パーソナルトレーニングジム ではなく、パーソナルトレーニングジム が、あなた様の目標を達成するためには、プライベートな空間のほうが、夢や目標を叶えやすいと考えた場合はそのような環境になっており、また、大勢の中でパーソナルトレーニング を行う事で目的が達成しやすいと考えればそのような環境になっていると思います。

つまり、どこで行うか、何をしているからではなく、あなた様の目的のために、様々な引き出しの中から提案を行い目的を達成しようとするトレーニングやトレーナーをパーソナルトレーナーということになると思います。

👶産後トレーニングについてはこちらをクリック👶

トレーニング メニューについて

トレーニングメニューについて
パーソナルトレーニング のトレーニング メニューについては、そのトレーナーやトレーニングジム のもっている知識や考え方でアプローチが変わって行きます。しかしながら、基本的な科学的な根拠がそこにはなくてはなりません。

例えば、ピラティス、ウェイトトレーニング、コアトレーニング、自重のトレーニング、YOGA、ストレッチ、有酸素系トレーニング、プライオメトリクス、スピードトレーニング、栄養学、理学療法、マッサージ、筋膜リリースなど、トレーニングの種類は、たくさんあります。

これらは、少し言葉が強くなりますが、パーソナルトレーナーにとっては、その方の夢や目標を叶えるための引き出しなのです。今、目の前にいる方の目標が達成することは当たり前であり、その後、その方のライススタイルや年齢、性格など、様々な事を考慮した時に何を提供させていただくのかを先回りして、準備しておくこともパーソナルトレーナーの役目だと思います。

ですから、何をやるのか❔ではなく、その時の身体や気持ち、そのあとの身体やライフスタイルを考えた時に、なぜそれを行うのかを考えてメニューや取り組む内容をチョイスするべきだと考えます。ですから、包括的な考え方がある中で、個別のメニューをチョイスし、さらにトレーニング中にも、科学的な根拠の範囲で個別性がうまれることは当然なのです。

◉パーソナルトレーニングジム
上記のような事を考えると、パーソナルトレーニングジム (個人的な、専属のジム)では、繰り返しになりますが、ピラティス、ウェイトトレーニング、コアトレーニング、自重のトレーニング、YOGA、ストレッチ、有酸素系トレーニング、プライオメトリクス、スピードトレーニング、栄養学、理学療法、マッサージ、筋膜リリースなどの「引き出し」がある事が大切であり重要だと思います。

パーソナルトレーニングジム という、薬箱があり、その時の症状や、今後起こり得る事柄に備えて、どの薬を処方していくのか❔というような視点を持ったパーソナルトレーナーやパーソナルトレーニングジム を選ぶようにすると、そのトレーニングメニューは効果をあげる事ができるのです。ポイントは、ここにあると思います。

薬箱からの選び方

薬箱からの選び方
前項でも記載した通り、パーソナルトレーニングジム を薬箱と例えるならば、どのような課題に対して、どのようなトレーニング をチョイスするのかを考えなければなりません。近くにパーソナルトレーナーがいるのならば、このような会話をして行きましょう。もし、パーソナルトレーナーがいない場合は、大まかにはなりますが、ステージ別に分けて考えてみましょう。下記のような基準をもっておくとよいでしょう。

◉ステージ1
関節や筋肉、身体に、怪我レベルの痛みがある場合。まずは、整形外科など医師に判断を煽りましょう。その後は、リハビリなどを行い、まず、痛みの少ない身体を手にする事を考えて行きましょう。日常生活に支障のない状態を作る事が大切です。

◉ステージ2
体力に不安を感じているか❔を確認する。トレーニング を開始する前に、体力を確認しておきましょう。目的を達成するための体力をまずはつける事が大切です。最初は、気持ちできついトレーニング も乗り越えられますが、長く続けるには、体力が必要です。できるなら、パーソナルトレーナーと相談して、有酸素系のトレーニングやコンスタントに行えるトレーニング強度を設定し少しずつ運動の習慣を身につけて行きましょう。

◉ステージ3
姿勢や動作に代償動作が起きていないかを確認して行きましょう。できることなら、立位の状態で、正常な動きまで回復したいですが、柔軟性や、関節の安定性が低いなと感じる方は、ピラティスなどのトレーニング方法を要したパーソナルトレーニングを行うとよいでしょう。なるべく、この段階では、個別のメニューをお勧めします。
肩こり、腰痛、などがあり悩んでいる方や、日々が精神的に辛い方には、このステージがおすすめです。

◉ステージ4
姿勢も動作も、柔軟性も体力も、ほぼほぼ問題なく活力のある場合は、積極的にレジスタンストレーニングを入れて行きましょう。筋力や筋肉は、何もしないと、落ちていってしまいます。そうすると、ステージ1で起きていたような悩みが出てきてしまいます。そうなる前に、積極的に動いて行きましょう。

◉ステージ5
より、パフォーマンスを向上できるように、瞬発系のトレーニングやステージ4のトレーニング強度を向上させて行きましょう。

◉ステージ6
スポーツを楽しみましょう。好きなスポーツや、体力レベルに合わせた運動を行って行きましょう。高齢者にとっては、日常がスポーツという場合もあります。その点は柔軟に考えるべきだと思います。

このように、まずは、自分がどのステージにいるのかを把握する事が大切です。そして、目的としている未来とのギャップを埋めれるようにトレーニングを計画的に行うことが大切だと思います。その際に、最適な処方を行えるのが専門家です。
良く話しながら、今何が必要で、これから何が必要になるのかを理解しておく必要があります。

🎐自立神経失調症と運動についてはこちらをクリック🎐

まとめ

まとめ
昨今、様々なトレーニングジム が出てきており、トレーナーの名前も様々な言い方になっています。それだけ、運動や目的が明確な方が増えている事はとてもよい事だと思います。

しかしながら、その一方で、これをやっておけば健康で、このトレーニングは必要ない。などの声もチラホラと聞こえてきます。その行く末は、なにが良いのかわからなくなっているユーザーが多くなっているという事です。

その点を明確に整理し、計画を立て、個別のメニューを組み、その方の行く末を想像しながら一緒に歩むようなトレーナーをパーソナルトレーナー(専属のトレーナー)と呼ぶのではないでしょうか❔

なにをすればのかわからなくなっている方や、今のトレーニングに悩んでいる方は、一度、パーソナルトレーナーにご相談して見てください。きっと、一緒になって一生懸命考えてくれると思います。

ポイントは、なにをするのかではなく、なぜおこなうのか❔また、それは自分にとってベストでありベターな選択なのか❔という点がポイントになります。

パーソナルトレーニングの醍醐味を皆さんで感じて、一緒に健康になって行きましょう。